• 急増する家族葬と葬儀業界の対応

    • 家族葬は、より多くの人に弔って貰う事が故人への1番の供養と言う葬儀業界と葬式仏教界により作り上げられた妄想が常識化して来ましたが、経済不況の続く現在では葬儀の主流となりつつあります。
      家族葬は、葬儀規模が非常に小さく見窄らしく感じられる事もあり、故人の親族の中には不謹慎と非難される事もありますが、一般葬に比べ肉体的負担も少ない上に故人との時間を十分に確保しつつ、故人をしめやかに見送る事が出来るメリットがあります。

      YOMIURI ONLINE情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。

      しかし、家族葬が急増している理由は、数百万円かかっていた葬儀費用が数万円から50万円以下で執り行う事が出来る事です。



      家族葬は、医療機関からの故人の遺体引き取りから通夜、葬式、火葬、埋葬と一般葬と流れやタイムスケジュールも全く変わりありませんが、弔問客が家族と極めて限られた人間だけなので通夜の為の振る舞い料理や火葬後の精進落とし料理、香典返しなどの費用や手配の必要が無いのが1番のメリットです。


      葬儀業界でも、大きく豪華な葬祭会場から簡素で清潔感のある小さな葬祭会場の建築が非常に多くなっています。

      家族葬の情報を簡単に探すことができます。

      その為、インターネット上では異業種からの参入業者を皮切りに追加料金が一切不要なセットプラン料金を前面に押し出し、明朗な会計かつリーズナブルな価格の家族葬を売りにしています。
      又、プラン価格が似たり寄ったりで他社と差別化が図れないので、葬儀内容の細かな点で差別化を図っているので消費者はしっかりと比較選定する必要があります。


  • みんなの常識

    • 安価な家族葬も生前見積もりは有効です

      葬儀には、社葬や合同葬、一般葬、家族葬、直葬、骨葬、ゼロ葬など数多く行われていますが、社葬や合同葬、一般葬など費用が非常に嵩む葬儀は敬遠される傾向が強く見られ、逆に費用が数分の1〜数十分の1で執り行う事が出来る家族葬や直葬、ゼロ葬が非常に多くなっています。特に家族葬は、一般葬の様に通夜と葬式を行うので故人を軽視した事にはならず、遺族としての最低限の孝心を尽くしたと納得出来る事と共に、高齢者のほとんどが望む簡素な葬儀とも合致している事から急増しています。...

  • 納得の真実

  • 社会関係の情報・専門知識